スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地盤調査

先日、那須町S様邸の地盤調査を行いました。

地盤調査というとスウェーデン式サウンディング試験ですが

当社では、表面波探査法を採用しております。
102_3881.jpg
表面波探査原理について少し説明します。

地震や地盤面を打撃することによって発生する表面波は、硬い土質ほど速く伝わり、

逆に軟らかい土質では遅く伝わるという性質があるということです。

この性質を応用して、地盤の速度構造を測定し、支持力を求めるそうです。


その上、コンピューター制御により、起振動の周波数(振動数)を細かく変化させて

測定し深度方向の地盤の速度情報(硬軟)を細かく収集してますのでより正確です。
102_3883.jpg
それにより、表面波速度が速いほど硬い・表面波速度が遅いほど軟らかい地盤と

数値がでるようです。

参考になりましたでしょうか。




また、佐野市のK様邸の基礎工事が終盤を向かえました。
102_3888.jpg
明日、基礎の型枠を外します。

組上げまであと2週間足らずです。

K様楽しみですね。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。