スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0宣言の家

天然素材の家郡山市Y様邸の屋根工事完了しました。
102_3816.jpg
屋根下地材は、安価で施工しやすい構造用合板は使用しません。
今、震災の影響で構造用合板は在庫不足になっているようですが、当社
では、昔から日本の気候風土にあった杉材を採用しておりますので安心です。
供給不足もありません。
柱、梁構造体については、国産檜・杉・松など厳選された耐久性の高い無垢
の木材を採用し構造躯体をなるべく表しにして建物の中を演出し木のぬくも
りを感じていただいております。
102_3815.jpg
玄関ポーチ柱・床柱には、生命の木ウエスタンレッドシダー190角仕様
102_3813.jpg





また、郡山市N様邸ティンバーフレームでは、世界一の構造材としては高い
といわれているウエスタンレッドシーダーを標準で採用してます。
今回は、190角
102_3808.jpg
こちらの写真の真ん中の柱は通し柱。


102_3811.jpg
急勾配の屋根が特徴です。いい眺めです。
102_3809.jpg
近所の方もこの迫力に驚くばかりでした。

このように、続々と0宣言の家が登場してきます。

乞うご期待
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。